El librero la Fontana・ホンタナ氏の本棚

人生の最後を一番美しく過ごすのは、いつの日か、田舎、といっても町からあまり離れていないところに隠居し、今までに愛読した何冊かの本を、もう一度、書き込みなどしながら読み返すことだ。           (アンドレ・モーロワ「私の生活技術」より)

Audible

心淋し川 Audible

千駄木を舞台に江戸下町の日常連作 心淋し川 作者:西條 奈加 Audible Amazon <Audible>Audibleで聴いています。20代の終わりころ、医科歯科大の大学院に行くことになって博多の大学近くのアパートから引っ越してきたのが「千駄木」。根津の日本医大病院の…

凍える牙 Audible

火曜サスペンスレベル・・・ 凍える牙 作者:乃南 アサ Audible Amazon うーん、最初の人間発火でその後の展開に期待したがだんだんグズグズな展開になってしまうし表現は冗長だしで、これで直木賞? まだ10%ほど残しているので、最後の最期で精神科の主治医…

しょうがの味は熱い Audible

ギブ・アップ しょうがの味は熱い 作者:綿矢 りさ Audible Amazon 女性が聴いたらもっと心にひびくのかもしれないが・・・。いわゆる恋愛症候群というか恋愛至上主義の女性のモノローグが続くのがつらい。こじらせ女子を俯瞰的にみれている「勝手にふるえて…

かわいそうだね Audible

若い女性を描かせれば当代一! かわいそうだね? 作者:綿矢 りさ Audible Amazon 「かわいそうだね」・・・「かわいそう」と考えることの不遜さ?そう考えることでの自己正当化(かわいそうだから・・・してあげなくちゃ)なんてやっているとじりじりと押し…

上流階級 富久丸百貨店外商部(その1)Audible

神戸の百貨店外商部が舞台 [1巻] 上流階級 富久丸百貨店外商部: (小学館) 作者:高殿 円 Audible Amazon 百貨店外商部がどんな仕事をしているのか手に取るようにわかる本。あわせて阪神間のいわゆる上流階級の生態もわかる(ような気がする)。モデルは大丸…

木挽町のあだ討ち <Audible>

Audibleで聴きました。まあ、ありきたり。 木挽町のあだ討ち 作者:永井 紗耶子 Audible Amazon 出だしは「吉原手引草」と区別がつかないんだが・・・。・・・ と、書いたが、最後まで聴いてみて、まあ結局は同工異曲という感じだった。どうも時代物の直木賞…

Amazon Audible 2023年のまとめ

2023年のAudibleのレポートが届いた。年間17730分=295時間、1日あたり48.6分。職場へ徒歩で25分程度なので、まあ日々、往復の時間はAudibleを聞いたことになる。生活の一部にはなってる。

じい散歩 <Audible>

こんな90代なら、なってみたい・・ じい散歩 作者:藤野 千夜 Audible Amazon 藤野千夜(ふじの・ちや)さん、60代の女性芥川賞作家らしい。評判の「じい散歩」がAudibleに入ったので聴いてみることに。内館牧子の老人小説シリーズのあざとさに辟易しており、…

グッド・ライフ 幸せになるのに、遅すぎることはない Audible

「君たちはどう生きるか?」という問いそのものが間違い! グッド・ライフ 幸せになるのに、遅すぎることはない 作者:ロバート・ウォールディンガー,マーク・シュルツ,児島 修 (翻訳) Audible Amazon 「人生を幸せにするのは何?」最初の1時間で答えを教えて…

勝手にふるえてろ Audible

綿矢りさワールドにはまる! 勝手にふるえてろ 作者:綿矢 りさ Audible Amazon Audibleは唐田えりかちゃんの朗読がなかなか良かった・・・けれど、ちょっと暗くなりがちかな。で、途中から松岡茉優主演の映画(Prime Video)に切り替えて観てしまった。映画…

嫌いなら呼ぶなよ Audible

コロナ禍の困ったチャンたち 嫌いなら呼ぶなよ 作者:綿矢 りさ Audible Amazon 綿矢りさ、「インストール」「蹴りたい背中」が2000年前後だったような、最年少でいろいろな文学賞をもらっていたような。常に「今の最先端の若者風俗」を取り上げてくれている…

銀河鉄道の父 Audible

父親として身につまされる・・・ 銀河鉄道の父: (講談社文庫) 作者:門井 慶喜 Audible Amazon 宮沢賢治は37歳で結核死したし、生前はあまり評価されることがなかったので、その伝記は賢治を中心に据えると座りが悪い。そこをこの作品では賢治の父・政次郎の…

Kindle出版の時給 Audible

新NISA、HowTo本からこちらへ・・・著者の思うつぼ!? Kindle出版の時給: 副業の時給。考えたこと、ありますか? キンドル出版戦略大全 作者:浅見 陽輔 Amazon 新NISAのHow To本をAudibleで聴いてみると、その著者は銀行員で副業的にKindle出版をやり、試行…

図解 新NISA制度 投資初心者でもよくわかる!

How To本をAudibleで聴いてみる 図解 新NISA制度 投資初心者でもよくわかる!現役銀行員・証券アナリストが教える 2024年 税制改正対応版: つみたて投資枠・成長投資枠とは?資産所得倍増プランって?NISAの恒久化・無期限化とは?非課税制度を使って資産形…

息吹 <Audible>

平野啓一郎の作品としては? 息吹 作者:平野 啓一郎 Audible Amazon この中編小説はAudibleオリジナル。つまりAudibleのために書き下ろされたものらしい。掌編と言っていい長さでそれほど複雑な構成ではなく聴きやすいのではあるが・・・うーん、意図はわか…

中国史とつなげて学ぶ 日本全史 Audible

世界史⊃中国史⊃日本史 と集合関係で学ぶ 中国史とつなげて学ぶ 日本全史 作者:岡本 隆司 Audible Amazon <Audibleで聴きました>著者は中国近代史の専門家ということで清朝末期から現在の間の歴史に重点が置かれている印象。日本 VS 中国というふうに2国間…

世界史とつなげて学ぶ 中国全史

歴史的多元性 vs. 国民国家 世界史とつなげて学ぶ 中国全史 作者:岡本 隆司 Audible Amazon 岩波新書「曽国藩」の文章の明晰さ、歯切れの良さに感心して著者・岡本 隆司氏の他の著作を調べてみるとAudibleに作品があった。さっそく聴き始めた。面白い。しか…

微笑む人 Audible

サイコパス? 微笑む人 作者:貫井 徳郎 Audible Amazon <Audible>で聴いています。E.トッドは紙の本で読むことにしたので、徒歩通勤で聴きながらでも楽しめるレベルということでセレクト。ちょっと聴いた感じではサイコパス犯罪者もの?→ 結構面白くて、結…

我々はどこから来て、今どこにいるのか?(上)

面白いがAudibleでは消化不良!(→紙の本へ) 我々はどこから来て、今どこにいるのか? 上 アングロサクソンがなぜ覇権を握ったか 作者:エマニュエル・トッド,堀茂樹・訳 Audible Amazon 出だしの数十分を聴いただけでもかなり面白い。「アングロサクソン系…

ネット右翼になった父 <Audible>

「ネット右翼になった父」という思い込みからの解放の物語・・・ ネット右翼になった父: (講談社現代新書) 作者:鈴木 大介 Audible Amazon 「ネット右翼になった父」というタイトルにしかけがあって、最初は「そういう、右よりの高齢者っているよね~」なん…

韓国 行き過ぎた資本主義

「無限競争社会」って・・・ 韓国 行き過ぎた資本主義 「無限競争社会」の苦悩: (講談社現代新書) 作者:金 敬哲 Audible Amazon 韓国の人生ってこんなに大変なのか!? 幼児期からの受験勉強→大学に入ってもハードルが高い就職・結局は公務員→50代での定年な…

ゲームの王国 下 <Audible>

確かに傑作、ストーリーも哲学も重層的すぎて・・活字で読みたい。 ゲームの王国 下 作者:小川 哲 Audible Amazon Audibleに聴き入ってしまうおもしろさ。「記憶と人生」「歴史と人生」「人生というゲーム」いろんな切り口で読める。レトリックも巧み。上巻…

ゲームの王国 上 <Audible>

小説でこそ伝わる ポル・ポトのカンボジア ゲームの王国 上 作者:小川 哲 Audible Amazon 「地図と拳」で1月に直木賞を受賞した小川哲の作品からポル・ポト時代のカンボジアを舞台にしたSF(どこがSFなのかは読んでみなけれわからない)をAudibleで聴くこと…

残月記 <Audible>

独特の魅惑される文体・・筆力に感服 残月記 作者:小田 雅久仁 Audible Amazon 月をモチーフの幻想物語3編。 「そして月がふりかえる」・・・不穏な気分にさせる幻想奇譚のままのほうが良かった。幻想小説としての筆力は十分にあるので、カフカ的あるいは内…

隠居すごろく Audible

人生には終わりはあっても 上がりはない 隠居すごろく 作者:西條 奈加 Audible Amazon Audibleで聴きました。あれっ、まるで自分のこと?! 隠居後の人生再発見の物語。実際「定年」を迎えてみるとのんびりしたいという気持ちもある一方で、平均余命の20年間…

プロジェクト・ヘイル・メアリー(下)

良い人すぎる、良い異星人すぎる でもそれでいい プロジェクト・ヘイル・メアリー 下 作者:アンディ・ウィアー,小野田 和子 Audible Amazon 猛暑の中、プロジェクト・ヘイル・メアリー(PHM)を聴き終えた。甘すぎるとも言える異星人との友情物語。主人公グ…

鹿の王 全4巻 Audible

都合のいい脆弱性問題・・・からのギブ・アップ [1巻] 鹿の王 1 作者:上橋 菜穂子 Audible Amazon 6月20日スタート。朝夕の徒歩通勤で聴く。地名や国名や名前がたくさん出てきてAudibleではつらい。アニメ化されているのでそちらのサイトを参考に。 6月28日…

イシューからはじめよ Audible

たまにはビジネス書も聴いてみたい イシューからはじめよ――知的生産の「シンプルな本質」 作者:安宅和人 英治出版 Amazon 1月に新しい職場にきて6か月、仕事のほとんどが日々発生するトラブルの問題解決であることがわかってきた。問題解決のプロとしてやり…

プロジェクト・ヘイル・メアリー(上)

アメリカSFから中国「三体」へのカウンター プロジェクト・ヘイル・メアリー 上 作者:アンディ・ウィアー,小野田 和子 Audible Amazon Audibleで聴きました。 アストロファージに異星人、サイエンス好きにはたまらない。 エネルギーを質量に、質量をエネル…

湯布院奇行

いつか、どこかで読んだような 湯布院奇行 作者:燃え殻 Audible Amazon ウェブライター(?)としてだけでなく週刊誌にも連載エッセーを書いている「燃え殻」氏の短編をAudibleで聴いてみた。ナルシスティックで内向きな幻想小説といえばいいのだろうか。 泉…