El librero la Fontana

El librero la Fontana・ホンタナ(いずみ)氏の本棚「人生の最後を一番美しく過ごすのは、いつの日か、田舎、といっても町からあまり離れていないところに隠居し、今までに愛読した何冊かの本を、もう一度、書き込みなどしながら読み返すことだ 」(アンドレ・モーロワ「私の生活技術」より)

Audible

幻夏

Audibleで聴きました・・「冤罪」への復讐譚 復讐部分が荒唐無稽すぎ 幻夏 作者:太田 愛 Audible Amazon 日本の死因究明制度を調べたことがあって、日本の警察・検察・裁判の暗部というか、冤罪作りやすい体質は重々感じていて、その部分は、わりとよく書け…

宝島

Audibleで聴きました。約40日のウォーキング期間(録音時間18時間22分)。 宝島 作者:真藤 順丈 Audible Studios Amazon 終戦(1945)から返還(1972)くらいまでの沖縄を舞台に、そのころの沖縄はこうだっただろうなというフィクション。書いたのは沖縄人で…

一九八四年

Audibleで聴きました。 一九八四年〔新訳版〕 作者:ジョージ オーウェル,高橋 和久 発売日: 2019/04/19 メディア: Audible版 5月にAmaozn Audibleでダウンロードしていたもの。夏が過ぎてウォーキングしやすい季節になったので9月から今日まで歩きながら聴き…

1000分くらいでわかるシェイクスピアBest20(2)

シェイクスピアは本来、観るもの・聴くもの 1000分くらいでわかるシェイクスピアBest20 (<CD> オーディオブックシェイクスピアシリーズ) 作者:ウィリアム・シェイクスピア,William Shakespeare 発売日: 2018/04/14 メディア: CD-ROM というわけで、AudioBookでシ</cd>…

1000分くらいでわかるシェイクスピアBest20(1)

シェイクスピアは本来、観るもの・聴くもの、まずは四大悲劇から 1000分くらいでわかるシェイクスピアBest20 (<CD> オーディオブックシェイクスピアシリーズ) 作者:ウィリアム・シェイクスピア,William Shakespeare 発売日: 2018/04/14 メディア: CD-ROM という</cd>…

国宝 下 花道篇

たしかにAudibleで聴いた方がずっと楽しめる 国宝 下 花道篇 作者:吉田 修一 発売日: 2019/12/13 メディア: Audible版 長崎のヤクザの息子が歌舞伎の女形として人間国宝(と同時に・・・)になる約50年のストーリーなので長い。Audibleでも上下で20時間近く…

国宝 上 青春篇(Audible)

Audibledで聴きました。 国宝 上 青春篇 作者:吉田 修一 発売日: 2019/12/13 メディア: Audible版 3~4月のウォーキングAudibleは「国宝」。コロナ禍・寒い日・雨の日が多く一カ月(3/17~4/19)かかって上・青春篇を聴き終えた。長崎弁はちょっとちがってい…

ザリガニの鳴くところ

良き物語 ザリガニの鳴くところ 作者:ディーリア・オーエンズ 発売日: 2020/03/05 メディア: Kindle版 ウォーキングの間、Audibleで聴きました。約20時間、一カ月以上。朗読もなかなかよかった。Audibleにふさわしい。 よくできた物語だと思う。湿地に置き去…

熱源

樺太というブラッド・ランド 【第162回 直木賞受賞作】熱源 (文春e-book) 作者:川越 宗一 発売日: 2019/08/28 メディア: Kindle版 Audibleで聴きました。一回一時間のウォーキングのあいだ聴いて10回=10時間くらい。樺太(サハリン)の領有の変遷は日本史・…

短編文学チャンネル

Podcastとして無料配信されているものもある。 無限大ガール (Kindle Single) 作者:森 絵都 発売日: 2018/03/20 メディア: Kindle版 最後は臼が笑う (Kindle Single) 作者:森 絵都 発売日: 2018/01/23 メディア: Kindle版 記憶の盆おどり (Kindle Single) 作…

なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか

初めてのAudible 耳からの読書 なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか アメリカから世界に拡散する格差と分断の構図 作者:渡瀬 裕哉 発売日: 2019/12/25 メディア: Kindle版 コロナ禍でテレワーク。毎日座業ばかりでは足腰が弱るというわけでウォーキ…