El librero la Fontana

El librero la Fontana・ホンタナ(いずみ)氏の本棚「人生の最後を一番美しく過ごすのは、いつの日か、田舎、といっても町からあまり離れていないところに隠居し、今までに愛読した何冊かの本を、もう一度、書き込みなどしながら読み返すことだ 」(アンドレ・モーロワ「私の生活技術」より)

自由なき世界(上)

プーチンのロシアが目指すファシズム社会

プーチンがロシアの大統領になって、それまでの共産主義 VS 資本主義では理解できない世界になってきた。さらにグローバリズムやネット社会(スマホにSNS)も要素として加わる。そんな2010年代の歴史を知るにはこの本だ。

上巻は

プロローグ(2010)でプーチンの権力奪取まで。

第1章 個人主義か全体主義か (2011)・・プーチンのロシアの政治的あり方(必然性の政治・永遠の政治・・・ファシズム的寡頭政治オリガーキーによる権力の永久支配)の根拠となる思想家イリイン思想を知る。

第2章 継承か破綻か (2012)・・西側にとってもよくわからない存在であったプーチンが不正選挙もあって大統領に再選されさらに永遠の政治を追求。

第3章 統合か帝国か(2013)・・統合のEUと帝国化するロシア。ヨーロッパでの民族国家は統合化か帝国化でなくては維持できない。しだいにヨーロッパから離れ、「ユーラシア主義」に依拠していくロシア。その接点にウクライナがあった。

第4章 新しさか永遠か (2014)・・ウクライナのEU志向とロシアとの板挟みのヤヌコーヴィッチ政権。あやしい選挙とクーデター(マイダン革命)、ロシアのクリミア進攻。

全体を通して、ロシアの巧妙なプロパガンダ、西側の国々の中の協力者、トランプの受益など、プーチンのロシアがいかに世界を動かそうとしているかがわかる。

いざ、下巻へ。