El librero la Fontana

El librero la Fontana・ホンタナ(いずみ)氏の本棚「人生の最後を一番美しく過ごすのは、いつの日か、田舎、といっても町からあまり離れていないところに隠居し、今までに愛読した何冊かの本を、もう一度、書き込みなどしながら読み返すことだ 」(アンドレ・モーロワ「私の生活技術」より)

ウンコはどこから来て、どこへ行くのか

「うんちの行方」(新潮新書)のほうがおもしろい

同時期に同じテーマの新書「うんちの行方」が出て、ちょっと気の毒だけど「うんちの行方」のほうがやっぱりリアリティがすごい。しかし、コロナ本のような時事ものでもないのに会社がちがうとはいえ、こんなにもかぶるとは、小学生のうんこブームに便乗しようという出版社の思惑?

こちらは、文献的に調べました感が多くて、周辺文化やトイレットペーパーなど本質的ではないページが多い。肝心なウンコの処理は自治体のHPでも知ることができるのでは。やはり、実際にウンコを固めて燃やしている人の苦労話とかやるべきだよね。