El librero la Fontana

El librero la Fontana・ホンタナ(いずみ)氏の本棚「人生の最後を一番美しく過ごすのは、いつの日か、田舎、といっても町からあまり離れていないところに隠居し、今までに愛読した何冊かの本を、もう一度、書き込みなどしながら読み返すことだ 」(アンドレ・モーロワ「私の生活技術」より)

独ソ戦

ミリタリー調が好きなら・・

独ソ戦 絶滅戦争の惨禍 (岩波新書)

独ソ戦 絶滅戦争の惨禍 (岩波新書)

  • 作者:大木 毅
  • 発売日: 2019/07/20
  • メディア: 新書
 

「絶滅戦争」という大きなテーマを掲げながらも、大部分が著者のミリタリー・ファン的、ボード・ゲーム的な記述で、そういうものが好きならいいと思う。①ドイツとソ連の軍隊組織の特徴や問題点、②戦略ー戦術ー戦闘という考え方の明確化がソ連軍(赤軍)を優位にした、③大量殺戮や粛清による人員不足・才能不足とそこからの世代的回復、④兵站などなど。

終戦間際に満州ソ連軍が殺到したころは、そりゃあ強力だったわけだ。「絶滅戦争」についてなら「ブラッド・ランド」あたりを読んだ方が悲惨さがよくわかる。