El librero la Fontana

El librero la Fontana・ホンタナ(いずみ)氏の本棚「人生の最後を一番美しく過ごすのは、いつの日か、田舎、といっても町からあまり離れていないところに隠居し、今までに愛読した何冊かの本を、もう一度、書き込みなどしながら読み返すことだ 」(アンドレ・モーロワ「私の生活技術」より)

青の時代

青の時代 (新潮文庫)

青の時代 (新潮文庫)

今日は、遅くおきて昨日からの三島由紀夫「青の時代」を読了する。主人公よりも聖女を装っていた恋人(?)のほうが印象に残る。男は女をこんな風(どんなイイ女でも一皮むけば…)に思いたいものかもしれない。ちりばめられたアフォリズムはいちいち書き移したいほどだが、読後感は愉快ではない。テーマがそうするのか三島の一般的特質かわからない。